ネットアイビーニュース

スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

サポート事例
経営者をバックアップする士業連携 情報発信を強めて資格士を身近に(3)
2011年5月19日

 経営を取り巻く環境は時々刻々と変化している。かつては問題にならなかったようなこともリスクとなって、いつ降りかかってくるか分からない時勢。気を張って八方手を尽くしたはずなのに、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるのだ。経営者の側で、専門家として企業を見ている資格士やコンサルタントたちは、そんな心配を軽くしてくれる存在だ。今ではそれぞれ強みをより生かすために連携をとるケースも少なくないという。士業連携の先端を走る4名に、資格士と経営との関わり方を聞いた。

(聞き手:I・B事業部リーダー 緒方 克美)

士業座談会

<着実にステップを踏んで 周囲に相談をすること>

 ―うまくいく経営者と、うまくいかない経営者は、どこが違うのでしょう。

 中村 目線がどこにあるかというのは重要ですね。足元だけ見ている人と、遠くを見ていらっしゃる方といらっしゃいます。両方の視点が必要ではありますが、先を見すぎていると失敗しやすいと感じます。将来を見据えすぎて、結局足元のオペレーションがうまくいっていないことが非常に多いですね。 中村伸一税理士事務所 税理士 中村 伸一 氏それを補佐するくらいの優秀な方が社内にいればいいのですが、中小零細企業の経済環境ではそれも難しいですから。その結果、社長のもとから人が去る傾向にあるように思います。一方、オペレーションを大切にする人のもとには有用な部下がついているケースが多いですね。着実にステップを踏んでいれば1つ間違えても階段を1つ降りればいいですから、段階をきちんとを踏んでいる人の大きな失敗はほとんど見たことがありません。先を見すぎて結局振り返ったら足元に何も残っていないというのが失敗の大きな要素と言えるのではないでしょうか。

 青木 非常に共感できますね。金融機関時代、たくさんの倒産事例を見てきました。倒産する経営者のタイプは大きく2つに分けられます。1つは唐突に思いついた企画やアイデアに対して、過度の経営資源を投下する経営者タイプです。さまざまなビジネスのアイデアがあって1つひとつに全力投球してしまう。それが成就しないまま、次のビジネスに走っていく。このやり方がうまくいった事例をほとんど見たことがありません。
 もう1つは、リーマン・ショックの影響から2007年から08年度の決算を境に大幅な赤字が一期の決算で計上されたというケースです。債務超過に陥って銀行からの融資がついてこなくなり、破綻することになってしまう。いずれのケースも、資金繰り破綻に帰結されます。司法書士法人A.I.グローバル 司法書士 宮前 武司 氏基本的に何か新しいビジネスをしようと社内で思いついたのであれば、それが仮に失敗しても経営本体に影響を及ぼさないような体力を貯えて、次のステップに上がるのが経営ですし、その感覚が生死を分かつと思います。

 宮前 会社をたたみたいと相談を受けることもありますが、その際よくおっしゃるのが、一発勝負に賭けてみたけれどダメだった、ということです。もう少しあのとき深く考えておけばよかった、自分ひとりで考えて走りすぎたために終わってしまった。誰かに相談したのかと聞くと、相談しなかった、自分の最後の勝負だから、とおっしゃいます。相談をするということ、よく考えるということも経営をするうえで大切なのだと思いますね。そうすることで見えなかったリスクが見えてくると思います。

(つづく)

【文・構成:柳 茂嘉】

≪ (2) | (4) ≫

<参加者プロフィール>

青木 道生青木 道生(あおき・みちお)
経営コンサルタント。1982年9月生まれ。福岡県出身。立命館アジア太平洋大学卒業後、大手地方銀行勤務を経て2010年に独立。中小企業と金融機関を結ぶ架け橋として活躍している。趣味は国内・海外旅行。

アジア太平洋マネジメント
北九州市八幡西区永犬丸2-13-43
TEL 090-4990-5611
mail:info@APHD.jp


清田 知孝清田 知孝(きよた・ともたか)
弁護士。1980年6月生まれ。東京都出身。明治大学卒業後、2008年に弁護士登録。幅広い司法サービスを展開している。趣味は読書。

弁護士法人アクティブイノベーションウエスト
福岡市中央区天神1-10-17西日本ビル4F
TEL 092-716-4704
mail:kiyota@ai-lawyers.jp


中村 伸一中村 伸一(なかむら・しんいち)
税理士。1972年4月生まれ。北九州市門司区出身。西南学院大学卒業後、2008年に税理士事務所を開設。銀行出身の若手税理士として日々福岡を駆けまわる。趣味はバイクとサッカー観戦。

中村伸一税理士事務所
福岡市中央区天神2-3-36
TEL 092-724-0201
mail:nakamura@7641tax.jp


宮前 武司宮前 武司(みやまえ・たけし)
司法書士。1981年11月25日生まれ。北海道札幌市出身。北海学園大学法学部卒業後、2009年に司法書士登録。代書業務だけにとどまらないサービスを連携で実現。趣味は牧場見学。

司法書士法人A.I.グローバル
福岡市中央区天神1-10-17西日本ビル4F
TEL 092-737-3273
mail:t_miyamae@forcustomer.com

新着情報
セミナー開催予定