ネットアイビーニュース

スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

サポート事例
業務範囲の広い行政書士業、要望に応えるチームと士業間連携(前)~田村行政書士事務所
2012年3月23日

 行政に対する事務手続きのスペシャリストである行政書士。1人で業務を行なう行政書士事務所が大多数のなか、5名の行政書士で多様なニーズに応える事務所が田村行政書士事務所だ。複数の資格者で業務にあたるメリットとは何か。行政書士に求められているものは何なのか。所長である田村公隆行政書士に聞く。

(聞き手:IB事業部リーダー・緒方 克美)

<チームプレイで幅広く対応>
 ――行政書士は行政に対する事務手続きの書類を作成してくれる専門家という認識が一般化しています。どこの事務所にお願いしても結果は同じだというイメージがあるなか、どのように差別化を図っていらっしゃるのでしょうか。

田村 公隆 氏 田村 一般的なイメージはその通りだと思います。しかし、行政書士の業務範囲というのは実に多岐多様にわたっていますから、実際には得意分野や不得意分野が存在します。資格さえ取得すれば、すぐにでも開業できる業種ですので、事務所運営のために経験のないことまでやっていこうとする方も多くいらっしゃいます。すると、やはり経験がないものですから、クライアントの希望する通りにできないという結果に陥る確率が高くなります。他士業ならば、事務所内の先輩や、詳しい方と共同受任するなどして補完関係を築いていると思うのですが、行政書士には、残念ながら、共同受任のような受任形態はほとんどありません。しかし、業務範囲が広いので、多様なニーズに応えるためには、多くの知恵を集めなくてはなりません。そこに行政書士業の方向性があると思います。

 ――田村行政書士事務所は、5人の行政書士がいらっしゃいます。それは、おっしゃっている多様なニーズに応えるためのものなのですね。

 田村 私1人が走り回ってできる仕事には、やはり限りがありますから。私が得意とする分野は私がやりますし、スタッフが得意な分野はスタッフが行ないます。それでも経験が少ない業務のときは先輩たちにも聞くなどしますね。そうやって、クライアントの要望に応えられる体制をつくっています。これは意図的にそうしたのではなく、業務を忠実にやっていくために自然とできた体制です。

 ――手続きにも得意、不得意があるのですね。

 田村 建設業の許可と相続の事務手続きなどでは内容が異なりますから。より多くの事例、法令を知っている方が的確な手続きを提案することができます。具体的にいえば、行政窓口の担当者が変わるだけで、重要視する部分が変わってしまうことすらあります。何度も担当者に会っている者と、そうでない者とでは、やはり差が出てしまうのです。これは法令知識でカバーできるものではありません。そんなとき身近に相談できるスタッフがいれば、より良い提案につなげることができると思います。

(つづく)
【柳 茂嘉】


      | (後) ≫

<プロフィール>
田村 公隆(たむら・きみたか)
1967年、大阪府大阪市生まれ。第一経済大学(現・日本経済大学)卒業後、会社員(書籍販売業)を経て2001年、行政書士登録。同年、事務所開設。所内に5名の行政書士を抱え、切磋琢磨しながら日々の業務に尽力している。趣味はゴルフ。

<OFFICE INFORMATION>
田村行政書士事務所
所在地:福岡市南区清水2-1-49
TEL:092-512-1410
URL:http://office-tamura.com

新着情報
セミナー開催予定