ネットアイビーニュース

スペシャリスト(専門家)企業経営ネット

地域雇用開発奨励金、厚労省が「支給申請の手引き」掲載
2015年4月22日

助成金・奨励金

office_work1.jpg 求人の少ない地域で事業所の設置や整備をして雇用機会を創出し雇用を維持する事業主に対して支給する「地域雇用開発奨励金」の募集が始まり、4月22日、厚生労働省は「支給申請の手引き」を同省ホームページで公開した。

 設置した事業所の設置・整備費用や、対象労働者の増加数に応じて、助成金が支給される。創業の場合は、支給額に上乗せがある。
 対象となる事業所の設置・整備費用には、20万円以上の事業所・店舗などの新・増設工事費用、1点が20万円以上の機械や備品、車両などの購入費用などがある。原材料や消費財は対象とならない。
 事業所を設置・整備する前に、管轄の都道府県労働局長に計画書を提出する必要がある。

 求人の少ない地域とは、福岡県内では、宗像市、古賀市、福津市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町、糸島市など。
 詳細は、厚生労働省のホームページに掲載されている。

▼関連リンク
・厚生労働省・地域雇用開発奨励金

新着情報
セミナー開催予定